乳ろぐ

ゲームがメインのblogです。
PeCa配信Twitchもよろしくです。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
置く側と押し込む側の違い
詰め対処の補足的な続きを書こうかと思ったんだけど、
先にこっちを触れておいた方が良いかなと思ったので、
今回は置く側と押し込む側の違いについて。
両者のメリットとデメリットを理解した上で、
意識的に運用してない人も多少はいると思うので。

置く側のメリットを青、デメリットを黄色で簡単にまとめると、
・100%置いてる場所から敵が出てくる
・自分の位置取りをある程度ランダムに選択できる
・強ポジを使って戦える

・交戦開始は相手のタイミング
・位置取りによっては交戦を区切れない(相手は区切れる)
・グレで飛ばされる可能性がある
押し込む側は上記を逆にして考えれば大体OKでしょう。
置き側最大の利点は置きAimの精度差です。
自分は100%の精度に対して相手は100%以下から開始できます。
押し込む側は基本不利なんですがそれでも利点を見出すなら、
交戦タイミングの選択がそれだと思います。
しかし、実戦では利点を活かせていないケースが結構あります。
話をシンプルにする為に1on1で考えます。
下の画像のように置き待ちをしていました(以下、クリックで拡大可)


押し込む側はふとした事で敵が右に居るのを察知できたと仮定。
グレで鳴いたとか物音がしたでも何でも良いです。


押し込む側が画像通りの場所まで素早くクリアリングしたとします。

・・・すると画像の赤丸部分に敵が居るのを想像できると思います。
こうなってしまうと置き側最大の利点が崩れます。
押し込む側にもほぼ100%の置きAim精度が出せるからです。
その上、交戦タイミングは押し込む側が選べるので、
決め撃ちをしながら入って来られると逆に置き側が不利になってしまいます。
居場所がバレてる状態の壁際キャンプは大して強くないって事です。
2on1とかでは相手を致死ラインまで引き込んで交戦開始する為に、
壁際キャンプをあえて実行するケースは多々ありますが、
そうでもない限りは壁際から1~2キャラ分開けて置き待ちするだとか、
左右にユラユラと移動しながら置き待ちをすると良いかもしれません。
状況によっては自分側から飛び出して交戦する勇気も必要です。
飛び出すタイミングは相手が入ってくる瞬間を読めると一番強い。

逆に同じような状況で押し込む側がやってはマズイ事は、
少し前のエリアからドカドカと足音を立てて押し込む事です。
交戦のタイミング自体は自分で選んでいますが、
足音で相手にも突入タイミングを伝えてしまっているので、
利点を半分以上捨てているような感じになってしまいます。
時間を使えば逆サイドに回れるような場合は、
足音を消して少し待つor逆に回るのも有効手段です。
相手の100%の置きAim精度を乱せるはず。

・・・ざっくり説明ですが。そのくせ冗長って言うね。
これを踏まえて2人以上で置く時、押し込む時を考えると、
1人も殺せずに全員殺されたとかが減ると思います。

肝心な所を丸投げしつつ詰め対処の補足編へ──つづく。

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール


中の人 : MiRUKU(みるくま)
SNS : Steam / Twitter
Config : ET / L4D2
その他 : 環境&設定 / 糞動画
配信 : / 避難所 / Twitch /

アフィリエイト

 いまだにアフィってくれてる方
 本当にありがとうございます・・・


楽天市場で購入
楽天で探す
楽天市場

リンク (相互歓迎!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。