乳ろぐ

ゲームがメインのblogです。
PeCa配信Twitchもよろしくです。
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
XL2411Zれびぅ
少し今更感ありますが、テストも大分できたと思うので、

BenQの144Hz液晶XL2411Zのレビュー。
前のモニタがXL2410Tだったので違いと新機能をメインに書きます。

まず、ぱっと見で変わった部分を紹介して行くと、

使って最初に思ったのは、ゲームモード系の色合いは青味が強く感じた。
色温度を弄って調整は可能だが結構大きく弄らないと違和感があった。
明るさに関しては輝度の調整だけでは大して変わらないので調整がムズそう。
ブレ削減機能は高速で画面を振っても輪郭がクッキリする機能だそうだが、
これをONにすると画面の輝度がかなり下がってしまい、
その他の設定を明るめにしても、結構暗くなるので人によっては諸刃の剣。
なるべく明るい画面が好みならブレ削減機能は使わない方が良く、
暗い画面が好みならブレ削減を使いつつ色温度も下げると良いと思う。
てか、これ多分LightBoostの事なのでONだと目の負担は大きくなりそう。
フリッカーフリー機能も、ブレ削減がONだと使えないはずなので、
使うにせよゲーム時のみにした方が目に優しいと思います。
ちなみにブレ削減ONで更に暗く設定する方がモニタの遅延は少なくなるみたい。
それは結構でかいと思い、海外のtoolでその辺の調整をしながら使ってます。
120Hz+ブレ削減ONの方が144Hz+ブレ削減OFFより遅延が少ない。
ブルーライト軽減機能は流行の目が疲れ難くなるアレです。
色温度の青味を下げつつ赤味が増すみたいな感じなので、
発色を重視したい人にはあまりオススメしません。
Black eQualizerが購入前段階で一番興味のあった機能でしたが、
基本的にはガンマ上げと効力は変わらないと思って良さそうです。
グラボ側で同じくらいガンマを上げて暗い部分を明るくするよりは、
画面全体の白味がかりが気持ち程度少なくなるのかな?
視認性向上と言うよりは目の負担軽減目的で使ってるかも。
シャープネスの段階が細かくなってるのは個人的に嬉しかった。
前のモニタだと5段階なので輪郭がボヤけた感じかクッキリしすぎだった。
その中間を選択できるのでよりしっくりした見え方に調整できる。

次に細かく変わった点を紹介して行くと、
サイズが23.6→24インチになったので本当に微妙に大きくなった。
最近は27インチのゲーミングモニタも出てきているが、
16:9でゲームをするなら私の運用距離(50~60cm)だと、
視野的に収まりきらないので24インチくらいが妥当かなと思う。
フリッカーフリーは画面がチカチカ点滅していないので、
目が疲れ難くなるって機能。これも購入前は重視してたポイント。
寝る直前までモニタを見ていると、なかなか眠れなかったり、
朝起きた時に目がやたらシパシパするタイプの人間なので、
画面は凄い暗くして、PC眼鏡や目薬を使っていたんだけど、
この機能で確かに画面がギラついて感じ難くなったと思う。
最大の売りのはずの144Hz液晶についてようやく触れておくと、
144Hzのまっとうな恩恵を得たいのであれば、
ゲームのFPS制限を144近辺にしないと駄目なわけで、
古いゲームでも144FPSに完全固定は意外とスペック的要求が高い。
また、120Hzとの違いが精密な検証を要するレベルでの変化なので、
144Hzを主目的にわざわざ120Hzから乗り換えるならナシかなと自分は思う。
ヌルヌル感の簡易検証の所感は別記事に書いておいた。
応答速度もGTGが2msから1msに変わっただけなので差は体感しません。
・・・さて、この項目は個人的に軽微な差と感じた点をまとめたんですが、
昔CRTモニタから120Hz液晶にシフトした時に、
自分的に機能劣化はしたがそこまで差が無いと思っていたんですが、
kill/death ratioの統計を取ってみると0.1~0.2前後は下がっていたので、
厳密に見ると確かに差が出る程度の違いはやはりあると思います。
そういう部分にまで投資したいなら120Hzから乗り換えても損は無さそう。

最後に不満点を書き連ねておこうと思う。
まずモニタのプリセット(画像モード)の配置が糞すぎる。
標準→動画→写真→sRGB→エコ→FPS1→FPS2→RTS→ユーザ1~3
こういう順番で各プリセットが並んでいるので、
通常環境は『標準』でゲーム時は『FPS1』でやるとすると、
モニタのボタンを最小7クリックも要する。
しかも画像モードの切り替えに2秒くらいかかるので、
標準からFPS1に移動するだけで10秒くらいかかる。
私は通常環境/ゲーム/TV視聴の3モードで切り替えてるので、
やむなく通常環境時をエコ、ゲーム時をFPS1、TV視聴をsRGBとした。
これなら一応プリセットの大移動をしなくて済むが、
エコやsRGBは輝度や色温度等を調整できなかったりして少し不便だ。
救済処置としてユーザカスタムのプリセットが3つあるので、
そちらに細かく指定して使うのが良いかもしれない。
私は厳密に言うと5つのモードで使ってるのでコレが無理だった。
そもそも、モニタのボタンを何度もカチカチしたくなかったので、
XL2411Zからはパイロットウェアが付属すると聞いて期待していた。
これはDDC/CIを使ってOS上からモニタの設定を変更できるシロモノ。
だったらXL2420Zみたいなリモコン要らないじゃんと思ってたら、
このソフトが非常に使い勝手の悪い物だった。
コマンドライン指定とかでぱぱっと設定を変更できるのかと思ってたら、
わざわざGUIを呼び出して数クリックしないと結局変更できない上、
設定値を少しでも弄ってるとカスタムプリセット扱いになって、
ソフトウェア起動時に10数秒は処理を持って行かれます。
たいした処理をしてないくせに、とにかく低速でストレスが溜まる。
今後のアプデで進化してくれれば良いのですが・・・
だったらスイッチで直接変更した方が早いよみたいな感じ。
DDC/CIで良さそうなソフトが無いか簡単に探してみたんですが、
EasyMCCってのがあったものの、マルチモニタ環境だと不具合がある上、
多分、輝度や色温度だけしか操作できないっぽいんですよね。
プリセット単位で操作できる物はフリーでは見つかりませんでした。
リモコン付きのXL2420Zを買わせたいのかは不明ですがなかなか不便です。


以上、不満点はありますがトータルで見れば普通に満足しております。
私の場合は旧モニタ(XL2410T)を他で使い回したかったので、
コスパ的に見ても悪く無かったかなと思ってるんですが、
120Hzモニタの人がわざわざ乗り換える価値があるかは微妙かも。
まだゲーミングモニタを持っていない人や、
旧モニタを売ったり他で使い回せるならオススメできます。
XLのZシリーズを全部紹介しておきます。

XL2411Z

XL2420Z

XL2720Z


記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
この記事に対するコメント

参考になりました。ありがとうございます
【2014/11/11 09:59】 URL | っd #Cv2s2L.A [ 編集]


誰かの参考になればこれ幸いです:)
【2014/11/12 18:05】 URL | みるく #U6M1AWu2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール


中の人 : MiRUKU(みるくま)
SNS : Steam / Twitter
Config : ET / L4D2
その他 : 環境&設定 / 糞動画
配信 : / 避難所 / Twitch /

アフィリエイト

 いまだにアフィってくれてる方
 本当にありがとうございます・・・


楽天市場で購入
楽天で探す
楽天市場

リンク (相互歓迎!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。