乳ろぐ

ゲームがメインのblogです。
PeCa配信Twitchもよろしくです。
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
AR用グレ大量
新しめのmapのグレは作って無いですが、
少しは参考になるグレが混ざってるんじゃないかなと思います。
極力ジャンプ音を立てずに投げられるように作ってますので、
既存のグレよりややこしい部分もあると思います。
あとは、頂き物のグレと自分で作ったグレがごちゃ混ぜ状態。
画像サイズもバラバラでまとまりが無いのは申し訳無いです。
今は使えない目印とかもあるかもしれませんが(特にBS)、
整理&調整が面倒臭いのでそのままupしちゃいます。
立ち位置、合わせ位置の画像のみです。
爆発位置はファイル名から察して下さい。
SSは画面比率4:3、可変HUD ON、Fov90で撮影しています。
可変HUDをONにすればどの解像度でも同じ大きさのHUDになります。
確か1024×768と同じ大きさのHUDになると思いましたが、
モニタによっては特定の解像度で画面がボヤけるので、
オフラインを視野に入れるなら可変HUD使用で慣れておくと、
画面比率さえ同じならSSがそのまま使えるのでオススメです。

サブモニタがある人はマンガミーヤで立ち位置の画像を開いて、
グレを投げたら合わせ位置画像開いて確認すると覚えやすい。
ジョイパッド設定すればフォーカスがAVAでも画像送りできます。

■ダウンロード■
AR用グレ1 (BS,FH)
AR用グレ2 (DS,CAN,IND)
AR用グレ3 (AP,HB)

芋グレ1 (DS,FH,HB,IND)
芋グレ2 (AP,BS,CAN)

スポンサーサイト
記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
カバーの基本について
どのFPSでもそうですが、
カバーの基本は同時交戦にあります。
同時交戦出来る状態を満たした上で射角をつける等、
強交戦要素を付加していく感じになります。
地形構造的にカバーしやすい状態なら問題無いですが、
ちょっと押し込んだ先だとか、
攻めで進軍中のカバーがムズイって人は、
前衛は内側、後衛は外側を意識すると良いかもしれません。
後衛の人が前衛を自分の射線の内側に隠すイメージ。
モチロン、前衛の人もそれを理解して、
後衛の射線に守って貰いながらイン側を守ったり進んだりします。


例えばこんな風に守った時に、
敵の③が進軍してきた時に最初に見えるのは②です。
この場合のお互いのカバーのパターンとしては・・・


②が完全に置き待ちしつつ、
交戦音を合図に①がイン側を割って入る手法があります。
ほぼ同一の射角条件下ではこう言うカバー方法が鉄板だと思う。
中~遠距離 or 高低差のある味方と敵を交戦させて、
ド近距離の自分が急に割って入って瞬殺する。
この時、双方が意識するべき事は、
①は交戦音の瞬間に割り込めるように待機する。
割り込んだ瞬間は②の射線に入りすぎないように、
イン側ギリギリで交戦しつつ即しゃがみ等を活用し、
とにかく敵を瞬殺できるような割り込みを心がける。
②は交戦の瞬間①が割り込んでくるので、
FFに気をつけて外側(この場合は左)に移動しながら撃ち合う等。
②vs③が白黒付くまで②に勝負させる手口も一応はアリ。
これは②が上手い事勝った時に①の隠密性が上がる狙い。
②が負けてしまったら即①で仇を討てるようには待機する。


この形でもう一つのカバーパターンは、
③の進軍を②が軽く交戦しつつ即引いて・・・


更に③が押し込んできた所を①が交戦ラインを切り、
②が後出しで飛び出してカバーする形。
このケースだと初回で②と③をぶつけずに、
②が最初から隠れておいて、後出しカバーも強い。
設置後とか相手がSR確定ならこうした方が良いかもね。
でもこっちのパターンでやる場合は、
②はネガティブに動く事を予め①に言っておかないと駄目。
連携は基本的に後に居る側が合わせるのが基本だからです。
前の人は後に目がついてないですからね。
ちなみに隠れるパターンだと別に前内+後外の形じゃないです。

・・・とまぁ、そんな感じで前内+後外を意識しておくと、
ちょっとした地形でのアドリブカバーだとか、
カバー付きの進軍がしやすくなると思います。
後衛の人が前衛を隠してあげるんだ!って言う意識でも良いです。
あとはカバーして貰った前衛がそれを理解して、
事が始まったら最大限アグレッシブに交戦するのが大事。

こう言う地形でも②が外側に開いて①を微妙に隠しつつ、
その間に①が内側をグイグイと進む。
これをリアルタイムで行うので距離感は要練習ですが、
コレが進軍じゃなく停止状態の守りでも同じ配置となります。
まぁ画像の地形だと継続的にこんな配置はありえないですけども。
一見、②の遮蔽物が無いのできつそうに見えますが、
交戦で疲弊するようなら①と言う遮蔽物に隠れるイメージです。
進軍時に関しては特定条件下の考え方に思えるかもしれませんが、
ロック役を追加すれば突入の際にも応用できる感覚のはず。
こっちをロックして貰ってから**をする。突入をする。


以上、簡単にですがカバーの基本でした。
あくまで相手の出現候補が1箇所の時の説明であったり、
お互いの射角によって細かくやり方が変わりますが、
ややこしくなりそうなのでシンプル(?)に割愛しました。

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
作戦会議用画像セット
昔Nerd用に作った作戦会議用画像があるんですが、
アングルが微妙と言う話をよく聞いてたので撮り直した。
まぁ、勝手に流出させといてその文句はねーだろとか思いつつlol
画質を上げて更に見やすくしたつもりですが、
アングルに関しては改善しきれなかった箇所が多々あった。
屋内色が強い場所はアングル的にキツイので割愛したし。
あまり変わらないような気もしたけど折角なので公開します。
AVAもnoclipがあれば良かったんですけどね。
ココの画像も欲しかったとかあるでしょうが、
TAB mapも入れといたので自分で対処して下さい^^;
あと、ASLANも適当にSS撮って入れてみたけど、
なんせガチった事が無いのでアングルが変かも・・・
色々と思う所はあるでしょうが勘弁やで。
一応、網走(会議ツール名)用に作ったつもり。
本体は適当にググって探して下さい。

作戦会議ツール用画像セットをDL

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
初動のエリア取りに関して
唐突に始まりました!
指示ヌー向け作戦云々の前段階である初動の話。

MAPによって大分変わるんですけど、
開幕で交戦を起こさずに余裕で取れるエリアと、
軍を当てて強引に取るエリアの2種類がありますよね。
具体的にはAPなんかが分かりやすいですけど、
EU開幕で『当てる』なら1側はDDで、
2側はコの字(穴部屋)だと思うんですが、
エリアを取るにあたって必要なコスト(?)が両者で違います。
想像すれば分かると思いますがDDの方がコストは安いです。
一方、コの字はコストが結構高い部類。
安定性を最優先するならコの字は人数をかけて取るべきなのと、
どちらかと言うとDDの方を先に取った方が良い。
原則的に高コスト側は後回しにするべきなんです。
何故かと言うと最終的に両方を取るケースで考えた時に、
DDを先→コの字を後は前者が低コストなので、
エリア取りに戦力的疲弊は少なくコの字も取りやすいが、
逆だと疲弊が大きくなる可能性がある(コストが高い)
そんな状態でDD攻略に向かっても、
DDを取った時に本攻めする火力が残っているのか?
また、更に逆(2側)を本命にする時間的/空気的な余力があるか?
って話になるので、しっかり考えておきたい。2SRの時は特に。

先述した理由から、低コストの場所から取るのが基本だけど、
ワンパターンに繰り返すと今度は相手の作戦に引っかかったり、
こちらが作戦を使う時に察知されるのが早くなってしまう。
だから開幕のベーシック行動を、
2~3パターン用意するのが良いのではないかなと思う。
最も多用するのはモチロン低コストのエリア取りで良い。
でも試合中の1~2回は、あえて高コスト先着を入れたい。
他Roundで作戦を使いたいなら尚更だと思う。
高コスト先着も作戦も入れ時には読みを使いたい。
Round間の駆け引きに関しては以前書いた事があるので、
凄い長いけどそちらを参照して頂けると勃起王です。


こう言うの書き始めるとどうも冗長だ・・・
本当は以下の事まで詳しく書きたかったx(
・開幕を投擲やUAVを利用して安定化させるのは有効
・低コストエリアがチーム力の差で取れなかった時の対策を考えておく
・2~3回同じ展開を見せ付けて相手の心を折る→手抜く
・折られた側が意識すべき事

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
小さな釣りを活用するなら
アクションに対して簡単に動く場所と動かない場所がある。
基本的に一番外側に配置している人間は動き難い。
となると内側にいる人間が仮シフト等で動き回るわけだけど、
基本的に内側にいる人ってのはセンター寄りの人だよね。
守りの基本形を2:1:2で仮定してmap特性も加味して考えると、
手薄になる場所や大胆に行動しやすい場所が薄っすら見える。
例えばAPの攻めで考えてみる。
1中に2人、L字や青部屋に1人、2側に2人で敵が配置しているとする。
ここで、攻めが1側を攻め込むぞと言う空気を作ってやると・・・
Lや青部屋でセンターを見ていた人が1側の援護に動くはずなんです。
この瞬間に同時進行でセンターを上がると、
置きAimされている可能性が下がると思います。
他にもINDIAとかで2の砂場に居ますよアピールをした時に、
同時進行でロングを上がるとすれば、
元々2クラに居たかもしれない敵は2中の援護に行くはずなので、
右(2クランク側)よりも左(CT側)に敵がいる可能性が高くなる。
その辺まで一応考えて5on5だけじゃなく、
3on3の状況とかに当てはめて応用すると、
ある程度理に適った上で大胆な行動ができると思う。
危なっかしい場所を進軍する時は、
どうしてもサイレントの行動ってし難いですよね。
安全を考慮するとその分バレやすくなります。
他の場所でアクションを起こして配置を操作してやる事で、
危険度を下げるみたいな感じでしょうか。
離れた場所でお互いにカバーしあうのもCWの醍醐味。
組織的に適切なタイミングでやる必要があるから地味にムズイ。
1度取られると取り返しが厳しいサイドだとか、
中間位置が安全に移動しやすいmap構造だと、
センターの人は小さなアクションでも動きやすいので、
色々考えて相手の操作を試みるのは面白いと思います。

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
釣りを機能させる為に
意識すべきは突破力、パターンの自覚、全体の位置取り。
一番大事なのは、なんだかんだで突破力。
守り側としては2:1:2の配置が基本形だと思います。
釣りの目的はなるべく突入の際に人数を少なくしたいわけですから、
実際に突入した時に敵が0~1人なら釣り成功で、
2人なら成功気味のトントン、3人以上で釣り失敗みたいな感じ。
しかし、守り側の心理で考えて2人で守ってれば、
この相手なら安定するとなれば派手なシフトはしません。
なので、最低限の課題は2人で守ってる相手を、
安定して打開できる突破力が必要になってきます。
この打開に必要な突入人数がチームとしての強みになります。
必要な人数が少ない程、相手にシフトを強要できるからです。
2~3人で打開できるチームなら何でもできるレベル。
Aimで抜ければそれが一番楽ですが、
投擲運用や突入形を煮詰めても打開率は劇的に上がります。
『5人-突入人数=釣りに割ける人数』なわけで、
3人じゃ安定打開がキツイのに釣りに2人使ってても、
本攻め部隊がただキツイだけになってしまいます。
じゃあ釣りを1人にして4人で逆に突入するのか?
1人で実行する釣りは小さなアクションしか起こせず、
時間をかけるほど釣りっぽい雰囲気が相手に伝わります。
こう言うチームが釣りを機能させるにはどうするべきか?
釣りをベーシック気味に取り込むよりは、
駆け引きの1つとして使う方が良いと思います。

駆け引きにする時に大事になるのがパターンの自覚。
大体ミッションタイムのどの辺で攻める事が多いかとか、
突入前にこう言う行動を取る事が多い(投擲含め)とか、
釣りサイドはこう言う動きをしてるみたいなのを自覚する。
偏りが無いように均一化するでも良いし、
偏ってても内容が違うみたいな誤魔化し方でも良い。
1側集合→1側を単騎で釣り臭い動き→2側で軽く釣り→実は1側本攻め
みたいなラウンドを見せておいて、
他Roundの単騎釣りの脅威度を上げておくとかね。
開幕ラッシュではなく早い段階で4~5人で攻め込むのも、
突破力を意識付けするなら有効な緩急の付け方だと思います。

最後の全体の位置取りに関しては、
相手が本攻めが来たと錯覚して貰う為の工夫。
基本的に3人分のアクションがサイドで発生したら、
とりあえず本攻めと仮定して対応するはずです。
ただ、これだと必然的に本攻めサイドが2人になるので、
釣れはしてもその後の安定感に不安が残ります。
MAP構造を考えてセンターを使いやすいMAPは活用したい。
DSなんかが分かりやすい。
この場合、キャット~武器庫がセンターなわけですが、
例えばテロ2+キャット1の釣りを実行した後に、
シャワーに待機していた2人で2側に本攻めを実行。
キャットの釣り要員だった人がロングを上がれば、
1側を3人分の動きで釣って2側を3人攻めができますよね。
正面火力が不安ならテロを1人減らしてシャワー3人で待機でも良い。
こういうのを索敵しながら状況次第で瞬時に実行となると、
エリア取りの段階である程度の目標を持って展開しないと、
釣り要員や本部隊への到着待ちで結構グダります。
最初のうちはエリア取りの段階も含めて、
1つの作戦にした方がまとまるかも。

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D
オフライン注意点まとめ
オフイベに関するアドバイスや注意点だとか、
運営サイドにも求めたい部分をプレイヤーサイドから感想を綴る。
あくまで2012/12/22に行われたAVA公式大会の話なので、
あなたが参加するオフラインも同じとは限りませんが、
この手の記事って無いように思ったので参考になる点はあるはず。


持って行った物
カナル型イヤホン / ヘッドセット(マイク用) / USBサウンドカード / USBメモリ
キーボード / マウス / パッド / ウェットティッシュ / メジャー / 目薬


PCが暗い机の下とかに設置されてるのでデバイスセットに手間取った。
携帯のライトでも良いけど簡易照明があると楽になる。
あとパイプ椅子だったので座高調節できる何かが欲しかった。
大体180cmの人が座ったら肘の高さがパッドの水平~やや下くらい?
それが微妙な人は座高調節する物があった方が良いと思った。
クッション、正座椅子、2Lのペットボトル等で高さ調節が無難そう。
ちなみにPCは座った時の足元にあるので配線類はそこから伸びる。
デバイス類のコード長が気になるなら延長ケーブルが欲しい。

各種スペック
CPU=i7-3770 / Mem=8GB(12800) / GPU=GTX560 / OS=Win7 64bit
200FPS出る。時価で言うと7万~7万5千程度?
多分20台あった。2チームが1人1台で4チームが2人で1台。
数チームで1つのPCを共有する場合は、
OSやハードウェア設定が変更されてる可能性があるので注意したい。
試合の区切りで壇上と舞台裏でマシンごと交換する。
モニタはS23A350H(75Hz)で時価1万程度。
75Hzでも案外プレイできる。全然気にならなかった。
今回液晶がアレなのはマシン類がスポンサー提供だったから。
でも、世界的に見ると普通の環境だったりするので、
全ての可能性を視野に入れて事前練習をしておきたい。

プレイ環境
・ブースはパーティション含めて何も無かった 相手とも近い
・スピーカーはプレイヤーの外側にあって結構うるさい
・机は若干低いが十分広い 振り向き80cmのキリトも問題無かった
・パイプ椅子だった 180cmの人が座って肘がパッドと水平~やや下程度
・スペックは不満無しだが2日前告知は遅い 1週間前にはして欲しかった
・冬だったけど暖房はガンガン効いていた Tシャツでも平気

音に関して
確かにオンラインとは全然違います。
席順、開放型か密閉型か、マイクの位置なんかは拘った方が良いです。
詳しくは昨日のエントリに失敗談としてまとめました。
1週間前からオンラインでもUSBサウンドカードで練習しましたが、
言うほどキツくなかったのでカナル型イヤホンとUSBカードで、
オフラインでも十分サウンドプレイは可能なはず。
USBサウンドカードはAVAならイコライザがあれば何でも良いかも。
私はGo!Proを使ったけどMAYA U5も良いらしい。
イヤホンはイヤーピースが硬くないと遮音性が微妙です。
安いイヤホンだと低音や高音が極端なので5000円くらいは出したい。
FPSなら低音は要らないので中高音寄りかフラット系がオススメ。
私はER-4Sを普段からゲーミング用途で使ってるんですが価格が高い。
同じETYMOTIC RESEARCH社のMC5とかHF5なんかはどうですかね。

タイムスケジュール
事前に運営が通達してくれたモノを転載しておく。
集合に関しては現地の控え室に直接集合で、
その旨を聞いて無かったので最初は少し戸惑った。
若干の変更はあったが大まかスケジュール通りに進んだ。
インタビュー(入場前のVTR)はリーダーだけ撮った。
噛んだり台詞が飛んでもリテイクしてくれるが、
その場でいきなり意気込みを考えさせられてテンパったので、
事前にある程度考えておいた方が円滑だと思う。

セッティング時間
前日に約1時間でデバイスセット、ドライバ、各種設定、VC、テストプレイ。
意外とあっと言う間に過ぎるのでテキパキやろう。
試合直前に約30分でデバイスセット、設定の最終チェック、Aim調整。
共有PCだと設定が変わってるからチェックは入念に!
USBメモリからのドライバインストールは禁止だった。CDは可。
WebでDLも可能なのでURLを予めまとめておくと楽。
OS、イコライザ、グラボ、マウス、VC、ゲーム内設定をする。
URLや設定値をテキストにまとめておくと良い。
マウス精度(加速)、Aeroのフレーム遅延も忘れずに。
今回はカスタム解像度を作らないと75Hz出せなかったので、
GeForceのカスタム解像度でリフレッシュレート指定方法とかを、
予め確認しておくと円滑だと思います。
普段の自分の環境に素早く設定する練習も効果的。
suxusは全員でWikiに各種設定値を予め記入しておき、
Wiki見て設定してました。予備Wikiも用意する徹底っぷり。

交通費と宿泊施設
交通費は試合当日に全額支給。
領収書が必要だけど行きの分だけで往復分貰える。
ホテルも運営が用意。1人1部屋の朝食付きで大満足でした。
カウンターでAVA選手と伝えた後に本名を言えばキーを貰える。
場所が秋葉原じゃなくて水道橋だったけどその交通費も支給。
前泊は基本全員がして、後泊は希望者のみする形。

その他ちょっとした点
・マネージャー枠を1名分使えた 宿泊費や交通費も支給される
・VCツールはMumble以外も使えるがServer情報等をお忘れずに
・死んだら喋るな&デバイスから手を離せ的なルールは無かった
・ネカフェで事前練習は地域によって身分証が必要なので注意(東京は必須)
・当日は会場内ならある程度自由に動き回れる

運営への要望的部分
初見のプレイヤー的に不明瞭だった点とかを箇条書き。
通達が来なかったら自分から聞くんや。
・食事に関して支給されるのかがよく分からなかった
 実際は前日→各自 当日朝→ホテル 当日昼→弁当+お茶支給
・集合場所等をもう少し詳細に指示して欲しかった
 ホテルのカウンターでのやり取りも実際行くまで不明瞭だったので
・可能であればステージの配置図が欲しかった
 スピーカー位置、相手との距離、ブースの有無
・プレイ環境はマシンとモニタの詳細をもっと早い段階で欲しかった
 机と椅子の写真があればBestだと思うけど難しいかな
・会場のスピーカーは選手から極力遠ざけて欲しい
 プレイヤー座席よりスピーカーの方が前だと指向性的に更にGood


以上です。GL HF!!
質問等あればコメントして下されば追記しておきます。

記事拡散やコメントして貰えると悦びます:D

プロフィール


中の人 : MiRUKU(みるくま)
SNS : Steam / Twitter
Config : ET / L4D2
その他 : 環境&設定 / 糞動画
配信 : / 避難所 / Twitch /

アフィリエイト

 いまだにアフィってくれてる方
 本当にありがとうございます・・・


楽天市場で購入
楽天で探す
楽天市場

リンク (相互歓迎!)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。